薬の説明と入手の話|感染したら怖いヘルペスに、バルトレックスがとても有効です

感染したら怖いヘルペスに、バルトレックスがとても有効です

薬の説明と入手の話

瓶から出ている薬

ヘルペスの治療によく用いられるバルトレックスは、主にどんな薬なのか?
実は塩酸バラシクロビルと呼ばれる成分がバルトレックスに含まれていて、この成分が体内に取り込まれることによりヘルペスのウイルスを攻撃してくれます。
つまりヘルペスウイルスの増殖を抑えることができ、さらに長期化することを防ぐことが可能です。
ちなみにバルトレックスという薬は、ヘルペス以外でも水疱瘡などの症状にも絶大な効果をもたらすのでとても便利に使うことができます。

そして入手経路ですが、一般的にバルトレックスは病院へ行ってヘルペスの診断を受けたときに処方してもらえるようになっています。
口唇ヘルペスの場合は5日間分のバルトレックスが処方されますが、性器ヘルペスの場合は特に再発が繰り返されやすいので基本的には処方される量の上限が決められていません。

根本的にヘルペスの再発を防いでいくにはウイルスをしっかり除去しなければいけないので、大抵はバルトレックスを長期的に使うことになるでしょう。
ただし上限なしでバルトレックスを処方してもらうには最低でも性器ヘルペスを年に6回以上繰り返していないとダメだったりします。
前にもヘルペスにかかったことがあるという理由では長期的に使える量のバルトレックスを処方してもらえないので注意してください。

しかし、とある方法を使えば誰でも好きなタイミングで欲しいだけバルトレックスを手に入れる方法があります。
その方法をもうひとつの記事で紹介していきますので、どうしても今すぐ欲しい場合はぜひ読んでおいてください。